読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京大学 教育学研究科大学院(臨床心理学コース) 受験で使った本

専門対策、何はなくとも必読の書です。注意点は、最新の版を買うことです!

 

上の、「よくわかる臨床心理学」の内容を踏襲していますが、

コンパクトにまとまっている&絵がインパクトに残りやすいので

割とおすすめです。

が、最新のものであってもDSM-5に対応していないので、注意です。


下山先生の臨床心理学に対する熱い思いが伝わる本です。

しっかり覚える、というよりは1、2回読んでその思いを感じ取るイメージです。

 

質的研究法に関してはこちらが必読です。

最大限端的にまとめてあるのだと思いますが、質的研究法って奥が深い。。

 

心理統計苦手な方は、まずこれを読んで心理統計の概観をつかむのが良いと思います。

ただ、もちろんこれだけで乗り切れるほど甘くはありません(^^;

 

KALSで基礎の基礎を理解したところで、こちらを読み物的に読むのをお勧めします。

「研究法」と標題してあるだけあって、心理統計の細かい点というより、

研究法に焦点を当てて解説されています。

文系人間にまだ優しい感じ。

 

数式がややこしく、私にはとても難しかった。。。(まだ道半ば)

 

「心理統計学の基礎‐統合的理解のために」に対応したワークブック。

教科書だけだとあやふやな知識を固められる。

 

勉強仲間では、よくわかる心理統計も読んでいる人がいました。

割ととっつきやすいそうです。しろくまは使っていません。 

 

ちょうど願書用の研究計画書を書いているころに発売されました(笑)

参考にするとよいと思います。

 

英語対策はあまりやりようがなかったので、

とりあえず心理院単をさらっと見ました。

 

 

主に使った本は以上です。

ご参考にしてください^^