東京大学 教育学部 学士入学(4)

事前の面接対策を書いてから当日の小論文と面接について書こうと思っていましたが、流れ的に当日の小論文の様子を先に書きます!(計画性なし ^^;)

 

前回のログで「ショックを受けた」と書きましたが、それはなぜか。

 

・・・当日の小論文課題が

 

(1) 最近読んだ本のうち、(広い意味で)教育に関わるものを挙げ、本の題名と著者名、内容を説明せよ。

(2)その本に関して、自分の志望コースへの志望動機との関わりを論ぜよ。

 

だったからです。

 

・・・きょ、教育!!!

そうか、そうだった、ここは心理学コースという以前に教育学部だった・・・。

 

問題用紙を見た瞬間に頭が真っ白になりました。何故ならしろくまは、しばらくずっと心理学の本ばかり読んで、教育??という感じだったからです。

 

最近読んだ本で、教育に関わるものと言ったら「人はいかに学ぶか」という本。

あ、これはめっちゃ教育っぽい!と思いましたが、内容はうろ覚えだし、何より著者名が思い出せません!!共著でしたが、いずれの名前も無理。。。

 

※試験後に調べたところ、著者名は「波多野余宜夫」と「稲垣佳代子」でした。

 著者の方、ごめんなさい。でも名前難しすぎです。涙

 

で、「広い意味で」教育ととれる本を思い出し、がーっと書き上げました。

 

ちなみに一緒に合格した方に聞いたら、試験前に東大の先生が書いた本や教育心理学に関する本をいくつか読んでいたので、それを書いたとのことです。

さすがですね・・・(遠い目) 皆さん、下準備は抜かりなく!(TーT)

 

小論文の試験時間は55分。解答用紙は横罫線だけが引かれたもので、サイズは…A3かB4なのですが、おそらくB4かな?うろ覚えです、ごめんなさい。汗

裏も記入可能です。私は、文字を書く(&文章をまとめあげる)のが比較的早いタイプなので、55分で裏の3分の2のあたりまで書きました。

 

次は面接対策について書きます。